Mahoe Anela blog

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ロックミシンとは・・・。

こんにちは。

coconeです(*^^)

『ロックミシンがなくても縫えますか?』というお問い合わせを最近よく頂くようになりました。

そこで今日はロックミシンについて軽く説明したいと思います♪

新しく訪問して下さった方が今後見やすいよう、カテゴリも新しく追加しました(*^^)

少しでもこのBLOGが皆様のお役に立てますように・・・☆



さてさて、先ずはロックミシンとは何ぞや?という方の為に・・・。

一般的に皆様のご家庭にあるのは、針が1本とボビンが一個の、俗にいう『家庭用ミシン』ですよね。

『ロックミシン』というのは、針が1本又は2本に、ボビンではなく”振り糸”と呼ばれる

上振り糸と下振り糸からなる合計3本~4本の糸を使って布をあわせていくミシンの事をいいます。



そして、何が違うの?という事になりますが・・・。

ロックミシンの大きな特徴の一つは、生地のテンション(伸縮)についてゆくという事です。

普段何気に皆様が着用しているTシャツは全てこの『ロックミシン』を使って縫製されます。

この説明を読みながら今まさにTシャツやトレーナーを着用されている方は、

一度裾をチラッとめくって脇線を見て頂くのが一番解りやすいのかと思いますが、

生地端をくるみながらかがっているミシン、それが『ロックミシン』なのです。

皆さん、本当に何気にTシャツって当たり前のように普通に脱ぎ着していると思いますが、

このTシャツの全てのシームを家庭用ミシンで縫ってしまったら・・・、

着る時に『ブチッブチッ』と糸が切れる音がしてパンクしてしまうんです。

ですから、『伸びる生地=ロックミシン』となるのです。



でも・・・、ロックミシンって家庭用ミシンに比べると高いのが難点ですよね。

ニット生地って可愛い素材が沢山あるし、ロックミシンを購入して使いこなせば

本当にいろんなアイテムのお洋服に挑戦する事が出来ます。

しかも子供は動きが激しいから、布帛製品よりもニット製品にした方が

絶対的に子供達も動きやすいのは間違いないし!

かといって、衝動買いするには高いお買いものです。



そこで、ロックミシンを購入する前に!近頃の家庭用ミシンだと殆どのミシンに備わっている、

『ジグザグステッチ』を利用してニット生地のお洋服に挑戦してみて下さい。

ジグザグステッチは、直線縫いに比べると生地の伸縮にある程度ついてゆく特徴があります。

このジグザグを使って全てのシームを縫えば何とか制作する事は可能です。

※但し、ロックミシンのように生地端をくるむわけではありませんので、

お洗濯の強度などは全くありませんのでご注意下さい。




上記の方法で数枚縫ってみて、『あら、私ってニット生地好きかも♪』とか、

『ニット生地って何て素敵なのぉ~( *´艸`)』とか、

『ロックミシン欲しい~d(≧▽≦*d)この衝動はどうすればいいのっ(゜o゜)』ってなれば

是非ロックミシンの購入をオススメします(笑)



3本糸ロックと、4本糸ロックがありますが、お洋服の強度やいろんな利点を考えると
値段は高くなりますが4本糸ロックの方がよいと思います。
 (これはあくまでも個人的感想です。)



mahoe anela の型紙は、ほとんどがカットソー(ニット素材)向けです。

基本、家庭用ミシンとロックミシンの両方が必要になります。

折角型紙を気に入って下さっても『ロックミシンがないもの・・・』と思っている方にむけて、

この記事が少しでもお役に立てばとても嬉しいです(*^^)

まだ他にも分からない事や質問なども御座いましたら気軽にメッセージ下さいね♪


coconeでした(*^^)
スポンサーサイト

| ロックミシンが必要な理由 | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |